介護職の転職における基礎知識

介護職の転職における基礎知識

当サイトは介護職の転職におけるおさえておくべき基礎知識について、分かりやすく徹底解説しています。
初めて介護の仕事を目指すという人でも理解しやすい情報となっているので、ぜひ参考にしてみてください。
すでに介護の仕事をしていて職場を変えるメリット・デメリットも解説しているほか、さらに介護の仕事探しはどうして難しいのかといったことにも触れています。

介護職の転職における押さえておくべき基礎知識とは?分かりやすく徹底解説

介護職の転職における押さえておくべき基礎知識とは?分かりやすく徹底解説 介護職の転職を考えているため情報収集をしているという人も多いのではないでしょうか。
そのような時にはまず基礎知識を押さえておくことをおすすめします。
介護の仕事で働く場合には、有料老人ホームをはじめ様々な施設が候補となります。
資格を持っていなくても応募できる職種もありますが、資格者を採用している職種もあるため注意が必要です。
基本的な資格には良く知られている介護職員初任者研修が挙げられます。
既に介護職として働いていた人なら取得済みであるのが一般的ですが、異業種から介護職に転職する際には持っていないこともあるでしょう。
成功するためには、自分なりに志望動機や転職理由をよく考えておくことをおすすめします。

介護職に転職するならあったほうがいいおすすめの資格

介護職に転職するならあったほうがいいおすすめの資格 介護職へ転職を希望しているなら、事前にある程度資格を保有していると役立つでしょう。
無資格でも勤務することはできますが、やれることが限られてくるためできたら資格を取得し、キャリアアップを目指すと働き甲斐があります。
まず基本的に保有しておいたほうがいい資格は介護職員初任者研修です。
通信でも一部科目を受講することは可能ですが、基本的に通学で学ぶことが必須となるため、通学で学んで資格を取得する人が多いといいます。
取得までは最低でも3ヶ月必要です。
介護を極めたいと考えているなら、介護福祉士実務者研修がいいでしょう。
法律により20科目、合計450時間の研修を受講することが必要です。
最低限6か月程度の研修期間が必要です。
施設で働きながら受講する人もいますが、一定の条件であれば期間を短縮することも可能となっていますので、条件を確認することをおすすめします。
なお、介護福祉士の国家資格を取得するためには、介護福祉士実務者研修の修了は必須です。
福祉系の大学や社会福祉士養成施設などを卒業している人、介護福祉士養成施設を卒業している人は取得のための期間が短縮されます。
これらの受験資格を取らないと受験することはできませんので注意が必要です。

需要が多いのに不足している介護職の仕事内容を把握

介護士の仕事は介護職とも呼ばれ、高齢者が多い日本社会では重要な役割を担っています。 重労働やストレスなど様々な理由で離職者が増え、人材不足が社会問題になっている状況です。
介護職の仕事は大きく分けて生活援助や生活介助、他の支援に分類されています。 身体介護には入浴介助や排せつ介助に加えて、食事や移動の援助も含まれます。 掃除や調理、洗濯などの世話は生活援助と呼ばれメンタルケアやレクリエーションの提供も介護職の仕事です。
介護士は介護施設や病院、診療所に加えて利用者の自宅でも働きます。 サービスや施設の形態によって、主な業務や1日のスケジュールが異なります。
介護施設には利用者が施設で暮らす入所型と通所型があり特別養護老人ホームやグループホームは入所型の介護施設です。
訪問リハビリテーションや訪問介護では、介護士が利用者の自宅を訪れて必要な支援を行います。 訪問看護では、登録ヘルパーと呼ばれる働き方も選択できます。

介護職はテクニックを覚えることで重労働ではなくなる

介護職は高齢者や体の不自由な人を支えていくために欠かすことができない仕事になってきますが、基本的に重労働のイメージを持っている人が少なくないです。
そのため実際に仕事に就くのを避けてしまう人も少なくありませんが、しっかりとテクニックを覚えることができれば、安心して仕事をしていくことができます。
高齢者や身体の不自由な人を起こすときや、持ち抱えるときもテクニックがありますから、適切なやり方を守ることができれば、腰痛などになることもないです。
力任せにやると当然ながら腰や肩などに悪影響が発生するリスクもありますから、その点には気をつけないといけません。
腰痛になると仕事をすることができなくなる可能性もあるので、最初から気をつけて行動をするのが大切になるはずです。
資格を取得するときに、そのような部分の知識やテクニックも身につけていくことができますから、誰でも安心して介護職で活躍することができると考えられます。

介護職に必要な資格にはどのようなものがあるか

介護職の仕事は、現在日本全国で需要が高くて特別養護老人ホームや優良老人ホームのほか、デイサービスや訪問介護事業所、医療機関などさざまざま場所で必要とされている職種です。
介護職になるために必要な資格は数種類あります。「介護福祉士」は介護に関する唯一の国家資格であり、資格取得者には高齢者や障害のある方への食事や入浴、排泄の介助や歩行支援や介護を行う家族への相談業務などを担います。
「認定介護福祉士」は、介護福祉士のスキルとキャリアを向上するために導入された民間資格であり、知識やスキルともに豊富な人材であることを証明するものです。
「ケアマネージャー」は、介護保険制度を基に利用者が適切なサービスを利用できるように調整を行うために必要な資格であり、市区町村やサービス事業所と連絡を取り合って、ケアプランを作成したり、利用者の要望に応えるようにします。
さまざまな介護職に関する資格がありますが、自分がやりたいと思うことを実現できる資格を選択することをおすすめします。

介護職の一日のスケジュールは大変だけどやりがいのある仕事

日本はかなり前から高齢化社会が進んでいるため、それに合わせてお年寄りの世話をする方も必要とされています。世の中には老人ホームや介護施設も増加していますし、入居する人の数も増え続けています。
確かにお年寄りは体力が落ちたり記憶力が衰えたりして、一人で生活を送るのが大変です。日々の不便さを解消してもらうためにも、介護職の重要性がますます高まっています。
介護職の仕事は結構大変です。食事や入浴、歯磨きの補助などを毎日スケジュール通りにやらなければなりませんし、お年寄りの急なアクシデントにも対処しなければなりません。
何が起こるか分からないので気の休まる暇が無いかもしれませんし、給料も決して高いとはいえません。
しかし毎日一生懸命仕事をやっていくと担当するお年寄りからは感謝されるはずですし、毎日仕事をやっていくうちにやりがいもどんどん感じられるでしょう。
お年寄りが幸せな余生を送る手伝いができるとても大切な仕事ですし、日本全国で介護職の仕事に就く方が少しずつでも増えていくことが望まれます。

介護職でも休日は用意されているので安心して働ける

介護職で働きたいと考えている人は少なくないかもしれませんが、基本的に休日があるのか気になるかもしれません。
確かに高齢者や身体の不自由な人を支える仕事になるだけに、毎日のように生活を支えることになるので、休むことができないのではないのかと考えてしまったとしても不思議ではないです。
実際には介護職で働いている人は多いので、1人でフル稼働をするようなケースはありません。
複数人でシフトなどを組むことで、仕事をしていくことになりますから、誰でも安心して活躍することができます。休日は週に2日程度は確保することができると考えられるので、連休であれば旅行をするようなことも不可能ではないです。
自分らしい生活をしていくことができますから、介護職で活躍することで豊かな生活を実現することができます。
福利厚生が充実している介護施設も少なくないので、そのような場所で働くことができれば、快適に休暇を楽しむことができるはずです。

介護職のおすすめHP

大阪で介護職に転職しよう!