介護職の転職における基礎知識

介護職の転職における基礎知識

当サイトは介護職の転職におけるおさえておくべき基礎知識について、分かりやすく徹底解説しています。
初めて介護の仕事を目指すという人でも理解しやすい情報となっているので、ぜひ参考にしてみてください。
すでに介護の仕事をしていて職場を変えるメリット・デメリットも解説しているほか、さらに介護の仕事探しはどうして難しいのかといったことにも触れています。

介護職の転職における押さえておくべき基礎知識とは?分かりやすく徹底解説

介護職の転職における押さえておくべき基礎知識とは?分かりやすく徹底解説 介護職の転職を考えているため情報収集をしているという人も多いのではないでしょうか。
そのような時にはまず基礎知識を押さえておくことをおすすめします。
介護の仕事で働く場合には、有料老人ホームをはじめ様々な施設が候補となります。
資格を持っていなくても応募できる職種もありますが、資格者を採用している職種もあるため注意が必要です。
基本的な資格には良く知られている介護職員初任者研修が挙げられます。
既に介護職として働いていた人なら取得済みであるのが一般的ですが、異業種から介護職に転職する際には持っていないこともあるでしょう。
成功するためには、自分なりに志望動機や転職理由をよく考えておくことをおすすめします。

介護職に転職するならあったほうがいいおすすめの資格

介護職に転職するならあったほうがいいおすすめの資格 介護職へ転職を希望しているなら、事前にある程度資格を保有していると役立つでしょう。
無資格でも勤務することはできますが、やれることが限られてくるためできたら資格を取得し、キャリアアップを目指すと働き甲斐があります。
まず基本的に保有しておいたほうがいい資格は介護職員初任者研修です。
通信でも一部科目を受講することは可能ですが、基本的に通学で学ぶことが必須となるため、通学で学んで資格を取得する人が多いといいます。
取得までは最低でも3ヶ月必要です。
介護を極めたいと考えているなら、介護福祉士実務者研修がいいでしょう。
法律により20科目、合計450時間の研修を受講することが必要です。
最低限6か月程度の研修期間が必要です。
施設で働きながら受講する人もいますが、一定の条件であれば期間を短縮することも可能となっていますので、条件を確認することをおすすめします。
なお、介護福祉士の国家資格を取得するためには、介護福祉士実務者研修の修了は必須です。
福祉系の大学や社会福祉士養成施設などを卒業している人、介護福祉士養成施設を卒業している人は取得のための期間が短縮されます。
これらの受験資格を取らないと受験することはできませんので注意が必要です。

介護職のおすすめHP

大阪で介護職に転職しよう!